(根)抵当権消滅請求・代価弁済・極度額減額請求

抵当権消滅請求,代価弁済,極度額減額請求(根)抵当権

「抵当権消滅請求」と「根抵当権消滅請求」の比較

第三取得者
第三取得者

○○円お支払いしますので、抵当権を消滅させて下さい!

抵当権消滅請求

趣旨全抵当権を消滅させ、「第三取得者」の所有権取得を確実にし、
抵当不動産の取引円滑・流通促進を図る制度
(根)との異動全ての抵当権が消滅する
②支払額は「承諾した金額」

「抵当権消滅請求」で話に折り合いがつかなければ、
⇒「競売手続」に入る
          ▼(けっこう煩わしいこと)
 だからこそ、「抵当権消滅請求」ができるのは「第三取得者」のみに限定されている

根抵当権消滅請求

第三取得者等
第三取得者等

優先弁済を受けられるのは、極度額の範囲内だけですよね。

今現在、「元本確定後の被担保債権額」が「極度額」を上回っているんですよ。
なので、「極度額相当額」を支払いますので、根抵当権を消滅して下さい。

「根抵当権消滅請求」ができるのは、
   ・第三取得者
   ・対抗力ある賃借権者
   ・地上権者
   ・永小作権者
   ・物上保証人
趣旨根抵当権者は「極度額の範囲内」で優先弁済があるだけ。
なので、極度額分を払い渡すことによって、所有権者等の利益を図る制度
(抵)との異動対象となっている「根抵当権」のみが消滅

テとネの請求権者

 抵当権消滅請求根抵当権消滅請求
①物上保証人不可
②第三取取得者(※)
 停止条件付の場合不可不可
③地上権者・永小作人不可
④対抗力のある賃借人不可
⑤債務者・保証人
 その他承継人
不 可
※そもそも債務者や保証人なんだから、(根)抵当権を消滅してくれ!とか言う前に、借金返せよって話
※「抵当不動産」の「共有持分を取得した者」は、抵当権消滅請求は不可
※「譲渡担保権者」は譲渡担保権の実行して確定的に所有権を所得するまでは、
 抵当権消滅請求することはできない

根抵当権消滅請求と極度額減額請求の比較

根抵当権消滅請求

《元本確定後》被担保債権の額 > 極度額

「被担保債権の額」が「極度額」を超えちゃっていることですし、債務者でも保証人でもない私としては、「極度額相当額」を支払いますので、根抵当権を消滅してほしいんです。

極度額減額請求

《元本確定後》被担保債権の額 < 極度額 

コップの大きさ(極度額)は8,000万円ですが、
もうすでに被担保債権の額が7,800万円になって、そこまで使ってないんだから、
コップの大きさを小さく(極度額の減額)してもらえませんか。

設定者からの極度額減額請求の図

 根抵当権消滅請求極度額減額請求



設定者設定者
所有権を取得した者
(第三取得者)
地上権者
永小作権者
第三者に対抗できる
賃借権者
行使
要件

「元本確定後」の「被担保債権の額」
が「極度額」を上回る場合

被担保債権の額 > 極度額

「元本確定後」の「被担保債権の額」
が「極度額」を下回る場合

被担保債権の額 < 極度額

抵当権消滅請求と代価弁済の比較

抵当権消滅請求

「第三取得者」が主体となって、
 『○○円支払いますので、抵当権を消滅させて下さい。』

代価弁済

「抵当権者」の請求に応じて、
抵当不動産の「所有権」or「地上権」を買い受けた者がその代価を弁済した時に抵当権が消滅する制度。

    『抵当権者である私に○○円支払えば、抵当権を消滅させてあげますよ。』

 抵当権消滅請求代価弁済



「第三取得者」のみ抵当権消滅請求
できる。

主たる債務者
保証人
承継人

所有権or地上権
を買い受けた者

は代価弁済できる。

※物上保証人は
 代価弁済 不可



第三取得者が決めた額代価
(本来は売主に支払う
 べき売買代金) 

抵当権は消滅する
(他の全ての抵当権も
 消滅する)

その
抵当権は消滅する
(他の抵当権は消滅
しない)

地上権の場合は、
抵当権は消滅しないが、
抵当権者に対抗できる
地上権となる(※)

この場合に、抵当権者は『地上権という負担付き不動産』に抵当権を持つことになる。
 そして、抵当権が実行され、競売により「新たな買受人」が現れても、地上権者は
 その「新たな買受人」にも対抗できる。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました