意思表示/心裡留保・通謀虚偽表示

第三者保護要件

心裡留保でも通謀虚偽表示でも、意思表示の無効は善意の第三者には対抗できない。
※第三者は「善意」のみで保護され、「無過失までは要求されない」
              
心裡留保」「通謀虚偽表示」の当事者は帰責性が大きいので、第三者は善意であれば有過失でも保護される

 

心裡留保の図

 

 

通謀虚偽表示の図

意思表示-第三者保護要件まとめ

心裡留保 通謀虚偽表示 錯誤 詐欺 強迫
善意 善意 善意・無過失 善意・無過失 な し
表意者の帰責性が大きいので、第三者保護要件は、善意で足りる。 表意者の帰責性が小さいので、第三者保護要件は、善意・無過失まで要求される。  

《関連》>>『改正民法による影響』

94条2項の第三者

【94条2項の第三者とは?】

虚偽表示の「当事者及び包括承継人」以外の者で、
虚偽表示に基づいて 新たな独立の 法律上の利害関係を有するに至った者のこと。

94条2項の第三者に該当する例

不動産の仮装譲渡人から「譲り受けた者・転得者」
仮装譲渡された不動産に「抵当権の設定を受けた者」
仮装債権の譲受人
虚偽表示の物を、「差し押さえた者」
虚偽表示で抵当権設定契約がなされ、その抵当権につき「転抵当の設定を受けた者」

94条2項の第三者に該当しない!

仮装譲渡された債権の譲受人から、取立てのために債権を譲り受けた者
仮装譲受人に対する「一般債権者」
 一般債権者は「全財産」に利害関係を有するが、この「特定財産」には利害関係が薄いため
仮装譲渡された債権の「債務者」
 債務者は元から債務者だったわけで、新たな利害関係を有したわけではないため
先順位抵当権者が仮装放棄した場合の「後順位抵当権者」
 後順位抵当権者は元から後順位抵当権者だったわけで、新たな利害関係を有したわけではないため
仮装譲渡された土地の上に建築された「建物の借家人」
 借家人は、土地に関しては法律上の利害関係を有するに至っていないので
代理人が虚偽表示した場合の「本人」
 元々本人の代理人だったわけで、本人は新たに利害関係を有したわけではないので

94条2項の類推適用(権利外観法理)

【権利外観法理とは?】

通謀虚偽表示そのものでなくとも、
①虚偽の外観が存在し、
②「虚偽の外観の作出」につき「権利者に帰責性」がある場合
③虚偽の外観を第三者が信頼している場合

94条2項を類推適用し、善意の第三者(登記も不要)を保護する

重要判例 肯定

【最判昭43.10.17】
不動産の「売買予約」をAとBが通謀して仮装し「所有権移転請求権保全仮登記」をした。
その仮登記を奇貨とし、Bは「本登記」を勝手に入れた。
Aは、「本登記」の無効を主張した。

本登記の無効は、

善意・無過失(※)
第三者には対抗不可

【最判平18.2.23】
Aが不動産賃貸事務を任せていた代理人Bに、登記済証を預け、言われるままに印鑑証明書を交付し、実印を押印することを漠然と見ていた。
そして代理人Bはその不動産を自己に所有権移転登記をし、さらに善意無過失のCに譲渡し、登記をした。
Aは、自己の所有権を主張した。

Aは善意・無過失のCに自己の所有権を主張することはできない。

善意・無過失(※)
第三者には対抗不可

(※)本来、通謀虚偽表示では、帰責性が大きいので、第三者は「善意」で足りる。
  しかし、この場合では『権利者に虚偽の外観の作出に帰責性がある』ので『類推適用』なされるが、
  第三者に関しても、善意だけではなく、無過失まで要求される。

重要判例 否定

【最判平15.6.13】
不動産の所有者Aが交付した「登記済証」「白紙委任状」「印鑑証明書」等をBが利用し、不実の所有権移転登記がなされた。
Aには虚偽の権利の帰属を示すような外観を作出する意図は全くなく、虚偽の外観の作出につき何ら積極的な関与をしておらず、また、不実登記を放置していたとみることもできない。
94条2項,110条の法意に照らしても、所有権の移転を主張し得ない
    ▼
本人の帰責性が認められず、
第三者は保護されない