職権登記&嘱託登記

職権登記&嘱託登記

【2023.1月更新】職権登記・嘱託登記・申請による抹消登記

不登法では、登記官の職権登記・書記官の嘱託登記と、申請により自分(例:司法書士)で申請しなければならない登記があります。この登記官が職権でやってくれるのか、書記官が嘱託でやってくれるのか、こちら(司法書士)から申請しなければならないのかの違いなど、過去問の出題も踏まえてわかりやすくまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました