抵当権の順位放棄(抵当権のみの順位放棄)

抵当権の順位放棄

同一債務者の後順位抵当権者への「抵当権のみの順位放棄」
「優先弁済権の利益」のみの順位を放棄するものであって、
抵当権自体を放棄するものではない。
⇒放棄は、「分け合う」「按分する」

《事例 1》

所有権保存
  A
抵当権設定
 抵当権者 X
 債務者  A
  (省略)
抵当権設定
 抵当権者 X
 債務者  A

 

令和2年7月2日、Xは、1番抵当権と3番抵当権とを同順位にするため、
1番抵当権の順位を3番抵当権に放棄した。

 

登記の目的 1番抵当権の3番抵当権への順位放棄
原因日付 令和2年7月2日 順位放棄
登記事項 なし
申請人の氏名
又は名称
権利者 兼 義務者 X
添付情報 登記識別情報 要!
登録免許税 不動産1個につき 金1000円

 

《事例 2》

所有権保存
  A
抵当権設定
 債権額 金3000万円
 抵当権者 X
 債務者  A
    (省略)
    根抵当権設定
 抵当権者 Y
 債務者  B

 

令和2年7月2日、XとYとの間で、1番抵当権の債権額金3000万円のうち
金1000万円について
3番根抵当権と同順位にすることになった。

 

登記の目的 1番抵当権の一部(金3000万円のうち金1000万円分)
の3番抵当権への順位放棄
原因日付 令和2年7月2日抵当権一部 順位放棄
登記事項 なし 
申請人の氏名
又は名称

権利者 Y

義務者 X 

登録免許税 不動産1個につき 金1000円