連帯債務・連帯債権

連帯債務

連帯債務の絶対効・相対効

済 同 更  請求 時効 免除

 改正論点   ベーコン買いそう!
         弁済  混同  更改  相殺



ベー:(代物弁済・供託含む)
コン:
買い:

そう:
 ⇒相殺当事者が相殺を援用した場合
  ▶相殺した分、全員債務を免れる。
 ⇒相殺当事者が援用しない場合
  ▶他の債務者は、その連帯債務者(援用権者)の負担部分の限度で、
   債権者に対して履行を拒むことができるが、相殺権を援用することはできない!



請求(ex:判決)
時効
免除
 改正point  【相殺】
援用権者である債務者が相殺を援用しない間は、その負担部分の限度において、他の連帯債務者は
債権者に対して「債務の履行を拒む」ことができる。
          ▼
他人の権利を援用するとか、「他人の権利をいじるのはダメだよ」というベクトルに向いた改正となる。

連帯の免除

絶対的連帯の免除

債権者が連帯債務者全員に対して、「連帯」を免除する➡分割債務になる

相対的連帯の免除

債権者が一人又は数人に対してのみ、「連帯」を免除する
 ➡「連帯の免除」された連帯債務者は、100万円分の分割債務となる。
 ➡他の連帯債務者は、依然として、300万円の連帯債務を負う。

相対的連帯の免除の図

連帯債権  改正により新 

連帯債権の絶対効・相対効

 同    除 時効

 改正論点   ベーコン買いそう!製  麺コーナー
         弁済  混同  更改 相殺  請求 免除

・同一内容の給付について、各自独立に全部の給付を請求できる債権
・1人に対する弁済があれば、他の債権者の債権も消滅する。
・債権の目的がその性質上「可分」である債権に限定される。
 (ex:金銭債権)
  ⇒不可分である場合は『不可分債権』

原則:相対効(他の連帯債権者に対しては効力を生じない)

例外:絶対効(他の連帯債権者にも効力が生じる)

・ベー:(代物弁済・供託含む)
・コン:
・買い:
・そう:
・製 :(これに伴い時効完成猶予,履行遅滞)
・麺 :

連帯債権者(改正民法により新設)