共同根抵当権/追加設定・処分変更

追加設定-共同抵当権・根抵当権 比較

共同抵当権 共同根抵当権
「被担保債権」が同一の債権であればいい ①根抵当権者
②極度額
③債権の範囲
④債務者
・・・が同一であること
※債務者変更の登記は不要 ※4要素の完全な一致が必要!

共同抵当権 追加設定

登記の目的:抵当権設定

共同根抵当権 追加設定

登記の目的:共同根抵当権設定(追加)

共同根抵当権-処分変更

全ての不動産にその登記をしなければ効力を生じない
・全部譲渡
・一部譲渡
・分割譲渡
・極度額,債権の範囲,債務者の変更
1つの不動産にした行為が他の不動産にも効力を及ぼす
・極度額の減額変更
・元本確定
・「根抵当権消滅請求」による根抵当権の消滅
 設定者から
各不動産別個
・転抵当権の設定
・確定期日,優先の定めの設定・変更
・「根抵当権の放棄」による根抵当権の消滅
 根抵当権から

「根抵当権」の
  ・全部譲渡
  ・一部譲渡
  ・分割譲渡
  ・極度額の変更

  ・債権の範囲の変更
  ・債務者の変更

以上6つの「共同根抵当権の変更等」登記には、「登記の目的」のアタマに
『 共 同 』の文字を入れる。

⇒「指定債務者」の「合意」の登記も含む

登記の目的 ◯番 共同根抵当権 変更
原因日付 平成○○年○月○日 合意
登記事項 指定債務者 ◯◯◯◯