準共有(根)抵当権での共有者の一人への弁済-比較

準共有抵当権の場合

付記1号

抵当権設定
 抵当権者 A
1番抵当権一部移転
 抵当権者 B

AorBのいずれかが弁済を受けた場合

  Aが弁済を受けた Bが弁済を受けた
登記の目的 1番抵当権変更 1番抵当権変更
原因  年 月 日 Aの債権弁済  年 月 日 Bの債権弁済

準共有根抵当権の場合

元本確定後に債権の一部譲渡がなされ、付記1号で「1番根抵当権一部移転」登記が入った。

Aが弁済を受けた場合

付記1号

根抵当権設定
 根抵当権者 A  ←弁済を受けた
1番根抵当権一部移転
 根抵当権者 B
登記の目的 1番根抵当権の根抵当権者をBとする変更
原因  年 月 日 Aの債権弁済
申請人 権利者 設定者
義務者 A

Bが弁済を受けた場合

付記1号

根抵当権設定
 根抵当権者 A
1番根抵当権一部移転
 根抵当権者 B    ←弁済を受けた
登記の目的 1番付記1号 根抵当権一部移転 抹消
原因  年 月 日 Bの債権弁済
申請人 権利者 設定者orA
義務者 B