抹消を命ずる確定判決

承継執行文の付与

原因が「売買その他特定承継」の場合

BからCへの所有権移転登記の原因『売買その他特定承継』の場合

抹消を命ずる確定判決が出た後の被告側の売買による第三者への所有権移転登記

Bが無権利者であることをCに対抗できるときは、
ex:AがAB間の『売買契約の不存在』or『錯誤無効』
  で勝訴判決を得て、善意の第三者に対抗できる場合

ex:『通謀虚偽表示による無効』で勝訴判決を得て、
  Cが悪意の場合

AはCに対する「承継執行文の付与」を受けて、
「Bへの所有権移転登記の抹消」の前提として、
「Bに代位」し、「BC間の所有権移転登記の抹消」も
あわせて単独で抹消できる。

仮処分債権者からの仮登記の単独抹消 不可

仮処分債権者(C)は、「仮登記の抹消登記手続を命ずる仮処分命令」
に基づき、単独で「仮登記(B)の抹消登記」を申請することはできない。

所有権
  A
所有権移転仮登記
  B
      (余  白)
処分禁止の仮処分
  C

被告側が判決確定後に死亡した場合

AからBへの所有権移転登記の「抹消を命ずる確定判決」が出た
Aがその抹消をしない間に、Aが死亡し、相続人はCのみ

・「承継執行文の付与」は受けなくてもよい
・「相続を証する情報」を提供すれば、
⇒単独で「Bへの所有権移転登記の抹消登記」を申請できる。

※便宜上、相続の場合には「相続証明情報」を添付すれば、
 相続人が単独抹消することができる。