数次相続

数次相続

数次相続・相続分の譲渡

数次相続の例外 相続が結果として、「単独相続」となる場合、登記原因に数次の相続を併記すれば、直接、現在の相続人名義とする移転登記が認められる。 例 この結果、中間の相続が単独相続となる場合でもOK ...
タイトルとURLをコピーしました